歯の着色が気になる人必見!本当の原因と確実に白くする7つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歯の着色は第一印象にも大きな影響を与えます。ニコっと笑った口の隙間から見える歯が黄ばんでいたら、せっかくの素敵な笑顔も台無しですよね。

あまり知られていませんが、歯の着色の原因はいくつかあり、それぞれ白くするための対策が異なります。自分の状況にあった適切な方法を取らないと、いくらやっても歯が白くならないばかりか歯にダメージを与えてしまうこともあります。

歯の着色についての正しい知識と対処法を知って、白く美しい歯と素敵な笑顔を手に入れてください。



1.外部からの着色:色の濃い食品やたばこなどが原因

着色 種類

多くの人が歯の黄ばみの原因だと一般的に認識されているものです。いわゆる“ステイン”ですね。トマトソースや赤ワイン、コーヒーなど色の濃い食品やタバコのヤニが歯の表面に付着することで歯が着色します。

白くするには物理的に着色物質を除去する必要があります。その方法をご紹介します。

1-1.対策①ホワイトニング歯磨き粉を使う

歯磨き粉

最近、「ホワイトニング歯磨き粉」と称した歯磨き粉が販売されています。多くの歯磨き粉には研磨剤といって、歯の表面の着色汚れを削ってキレイにする成分が含まれていますが、更に最近ではこの研磨成分に様々な工夫をしたり汚れを浮かせて落とすような補助成分を入れて効果的に着色を落とせる歯磨き粉も販売されています。

製品によっては研磨性が強すぎるものもあり磨きすぎによって歯や歯茎を傷つけてしまうので注意が必要です。「ホワイトニング効果のある歯磨き粉の正しい使い方とおすすめ4選」を参考に自分に合ったものを選んで使ってみてください。

1-2.対策②歯の消しゴムを使う

歯磨き粉に含まれる研磨成分を凝縮した歯専用の消しゴムも表面も着色汚れには効果があります。お掃除に使うメラミンスポンジをイメージしてもらうとわかりやすいでしょうか。

これも研磨性の強い歯磨き粉同様歯を傷つけてしまうので注意が必要です。1週間に1回くらいの使用がいいでしょう。

1-3.対策③歯科医院でクリーニングをする

Dentist making professional teeth cleaning female young patient at the dental office. Close-up plan

どれだけ丁寧にやったとしても磨き残しなどセルフケアには正直限界があります。

歯周病治療からヤニ取りまで!歯のクリーニングの全知識で詳しく解説していますが、特に汚れが固まってできた歯石は自分では取ることができないばかりか細菌の温床になります。

お口の健康のためにも3か月に1度は歯医者さんでクリーニングを受けることをおすすめします。

1-4.対策④エステなどでセルフホワイトニングをする

最近では歯科医院ではなくエステサロンでおこなうセルフホワイトニングがあります。重曹やポリリン酸などを使って歯の表面の汚れを落とす効果はある程度期待できます。

ただし後述するように内部の着色まで漂白することはできませんので正確にはホワイトニングとはいえません。

興味のある方は「実際どうなの?あなたが知らないセルフホワイトニングの裏事情」もお読みください。

2.内部からの着色:加齢による歯の内部の変色

エナメル質の内部まで蓄積されてしまった着色汚れや経年による内側の象牙質の黄ばみの場合は、歯の表面をいくら磨いても白くはなりません。

歯の内部を漂白できるのは現在では過酸化水素という薬剤を使ったホワイトニングだけです。薬事法の関係で日本では医療機関でしか扱うことができません。

2-1.対策①オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

高濃度の過酸化水素を使って歯科医院で短期間で歯を白くします。メーカーごとに様々なシステムがありますが基本の原理は一緒です。

最近では光触媒を薬剤に混ぜてLEDなどの光を当てることで反応を促進するタイプが主流です。

確実に早く歯を白くするオフィスホワイトニングの効果や料金、期間などで詳しく解説しています。

side_bnr_img

2-2.対策②ホームホワイトニング

img_step2

歯科医院での問診ののち歯型を取って作成したマウスピースに薬剤を入れて自宅ではめてホワイトニングができます。

薬剤は過酸化尿素を使いますが効果は過酸化水素とほぼ同じです。安全性も考慮してオフィスホワイトニングよりも低濃度の薬剤を使ってじっくりと時間をかけて白くしていきます。

詳しくはホームホワイトニングをするなら知っておきたい効果・費用、必要期間などを参考にして下さい。

2-3.対策③ホワイトニングテープ

ホワイトニングテープ 使用

日本では薬事法の関係上過酸化水素を使った製品は市販できませんが審美歯科先進国アメリカなどでは過酸化水素を使った各種のホワイトニング製品がドラッグストアなどで購入できます。

中でも人気のホワイトニングテープは過酸化水素を染み込ませたテープを歯に張り付けて自宅で白くします。

大検証!ホワイトニングテープの効果と正しい使い方で実際の効果と使い方を説明しています。

3.特殊な原因による着色

上記のどちらにも当てはまらないケースもあります。白くする方法も異なってきますのでご紹介いたします。

3-1.幼少期の抗生物質による着色:テトラサイクリン歯

テトラサイクリン前
風邪薬のシロップなどに一般的に使用されていた、テトラサイクリン系の抗生物質を歯の形成期(0~12歳)頃に服用することで、象牙質にグレーがかった着色や縞模様が生じてしまった歯です。

現在ではテトラサイクリン系の薬剤は使用が控えられていますが、今成人されている方で悩まれている方が多いようです。

3-1-1.対策:ホームホワイトニング

テトラサイクリンによる着色に対しては通常のホワイトニングの効果が出にくいとされていますが、ホームホワイトニングを継続することである程度白くなる例も多くあります。お悩みの方はまずはホワイトニング専門歯科医院でご相談されてみてください。

3-2.神経を抜いたり、死んでしまっている歯:失活歯

歯の内部にある神経(歯髄)を虫歯の治療などで除去してしまった、あるいは、何らかの理由で死んでしまった歯は徐々に黒く変色してきてしまいます。残念ながら通常のホワイトニングではほとんど効果がありません。

3-2-1.対策①:ウォーキングブリーチ / インターナルブリーチ

通常ホワイトニングの際に歯面に塗布する薬剤を直接歯の内部に入れることで白くする方法があります。

比較的安価で症例によっては効果がありますが、デメリットもあり現在では対応している医院が少ないため、後述するセラミックによる審美治療をする方法が主流です。

3-2-2.対策②:セラミック治療

陶器でできた被せものであればどんな歯であれ確実に白くすることができます。しかし多くの場合は歯を削る必要があり場合によっては歯の寿命を縮める可能性もあります。

自費治療で高額になる上担当医の技量によって仕上がりにも差が出ますので信頼のできる歯科医院を選びましょう。

番外編:歯のマニキュア
白い樹脂を直接歯に塗る方法もあります。ちょっと前は歯科医院でもよくやられていましたが施術が難しく長持ちしないため現在では対応している医院はほとんどありません。
市販されている製品で自分でやることができますが自然な仕上がりにするのは難しい上に食事などですぐにはがれてしまいます。興味のある方は一瞬で笑顔の印象が変わる!魔法のような歯のマニキュアの使い方で詳しく解説していますので参考にして下さい。

4.まとめ

いかがでしたか。よく、歯の内部から白くすることが目的なのに、表面の着直汚れを除去する作用のあるホワイトニング歯磨き粉やセルフホワイトニングを継続している方がいらっしゃいますが、上述のように歯の着色の原因と適切な対処法を理解しないとせっかくの費用や時間が無駄になってしまうこともあります。

とはいえご自身で判断するのは中々難しいので、歯の着色が気になる方は一度専門の歯科医院で相談してみることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歯科医院でしか出来ない本当に効果のあるホワイトニングを始めませんか?

・高価なホワイトニング歯磨き粉でいくら磨いても歯が白くならない
・エステでのホワイトニングでは期待できる効果が得られない

こんなことでお困りではないですか?これらの方法は、あくまで歯の表面についた汚れを落とすだけで根本的な解決策になりません。

ただし、本当に歯を白くするホワイトニングは医療行為にあたるため歯科医院でしか出来ない施術です。歯科ゼミのおすすめするスターホワイトニングは初めてホワイトニングをする方を応援しています。

全額返金保証付き!1回2,500円で追加料金なし
施術時間 約10分〜、お仕事や買い物のついでに気軽に立ち寄れる
歯科医師・歯科衛生士による安心納得の施術
・痛みが少なく、施術後すぐに食事も可能

ホワイトニングについての正しい知識を身につけて、あなたにあったホワイトニングを始めましょう。

今すぐホワイトニングの予約をする

歯を美しくするホワイトニング情報はSNSで簡単に購読できます。

sp-cta