本当に白くなるのはどれ?ホワイトニング方法の比較まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歯が白い人って笑顔がより素敵になりますよね。近年美意識の高まりから芸能人だけでなく一般的にも歯のホワイトニングは美容の世界で常識となってきています。

しかし、いざ歯を白くしたいと思って調べてみると一口にホワイトニングと言っても様々な種類があり、費用もピンキリでどれを選んでいいかわからなくてお困りの方は多いと思います。

ここではそれぞれのホワイトニング方法の特徴、メリット・デメリットについて解説します。あなたに合った方法がきっとわかるはずです。



0.本当に歯を白くするのは歯科医院でのホワイトニングだけ

実は食事やタバコ、加齢などで歯の内部に蓄積された着色を除去して歯を白くできるのは過酸化水素という薬剤を使った方法しかありません。そしてこの過酸化水素を用いたホワイトニングができるのは、日本においては薬事法の関係上、歯科医院だけなのです。

1.歯科医院でのホワイトニング

1-1.オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

歯科医院でおこなうホワイトニングです。確実に早く歯を白くするオフィスホワイトニングの効果や料金、期間などで解説している通り、比較的濃度の高い漂白剤(過酸化水素)を歯に塗布した上で、効果を高めるためにライトを照射するというのが一般的な方法です。

様々なメーカーがシステムを開発していますが、基本的な原理は全て一緒で、薬剤の配合や照射するライトにそれぞれ特徴があります。

1-1-1.ズーム

審美歯科先進国アメリカのディスカス社が開発したホワイトニングシステムです。メタルハライドという特殊なライトを使用することで高い効果が得られるとされています。その効果のほどは実証的なデータがないのでわかりませんが、出力が高く熱を発するため、場合によっては口腔内にダメージ(歯茎が黒ずむなど)が出るので注意が必要です。

1-1-2.ビヨンド

ズームを参考にして開発された中国発のホワイトニングシステムです。使用しているのはハロゲンライトで、低出力で扱いやすいのがメリットですが、その分効果は落ちると言われています。

1-1-3.ティオン

日本の企業であるジーシー社が開発したホワイトニングシステムです。薬剤に配合された効果を促進する成分とそれを最大限に引き出すように調整されたライトが特徴です。国産ではありますが、日本の厚生労働省の認可は受けていません。

1-1-4.オパールエッセンスブースト

比較的高濃度の薬剤を使用するオフィスホワイトニングの中でも特に濃度の高い40%の過酸化水素を用いて効果を高めているのが特徴です。過酸化水素の濃度が高くなると痛みが出やすくなるというデメリットがありますが、硝酸カリウム(知覚過敏予防用の歯磨き粉であるシュミテクトにも配合されています)を加えることで痛みを抑えています。

1-1-5.ブライトスマイル

ご説明したように現行のオフィスホワイトニングシステムはどれも効果は大きく変わりませんが、NASAの科学者が開発したブライトホワイトと言うシステムは他と比べて1回の施術で一気に白くすることができます。

料金が高額、痛みが出やすい、扱っている歯科医院が少ないと言ったデメリットはありますが時間がなくてとにかく早く白くしたいという方は検討してみてもいいと思います。

ブライトホワイトの公式ホームページから全国で導入している医院を探すことができます。

1-1-6.ジェルホワイトニング

ライトを照射しない珍しいオフィスホワイトニング法です。その分薬剤の濃度を高くすることで効果を高めていますが、それでもライトを照射する他のタイプよりも効果が落ちるとされ、最近ではあまり導入されていません。

side_bnr_img

2.ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

歯科医院でマウスピースを作成してもらい専用薬剤を用いて自宅でホワイトニングをする方法をホームホワイトニングといいます。

ホームホワイトニングをするなら知っておきたい効果・費用、必要期間などでも解説していますが、低濃度の薬剤を使うので時間はかかりますが、より内部までじっくりと白くできると言われています。

オフィスホワイトニングと同様、各社から様々な製品が出されています。以下に代表的な製品を紹介します。

2-1.ティオンホーム

国内メーカーであるジーシー社から出ているホームホワイトニングキットです。使い慣れていない日本人でも安全に使用できるように配慮しているのが特徴です。薬剤濃度は過酸化尿素10%のみですので、早く白くしたいという人には物足りないかもしれません。

2-2.ナイトホワイトエクセル

ホワイトニングが一般的でない頃から日本でもよく使われている製品です。欧米では過酸化尿素10%の低濃度のものは夜間就寝時に使用されるのが一般的であるため「ナイト」とついていますが、もちろん日中使用して問題ありません。デイホワイトという名前でより高濃度の薬剤が販売されています。

2-3.オパールエッセンス

最近日本で普及してきている製品です。幅広い濃度の薬剤のラインアップがあり、フッ素と硝酸カリウム配合でしみにくい工夫がされているのが特徴です。過酸化酸素15%とオフィス並に高濃度な製品もありますが、過酸化水素は劇薬ですので使用には十分に注意しましょう。

2.セルフホワイトニング

日本の法律では医師・歯科医師あるいは歯科衛生士以外が口の中を触れるのは違法となるため、エステサロンなどで客が自分で施術するのがセルフホワイトニングです。

手軽で低価格なため近年急速に広まりましたが、医薬品を使用できないためポリリン酸やメタリン酸または重曹など表面の汚れを取るだけで歯科医院でのホワイトニングのような漂泊効果のない薬剤が使用されています。

詳しくは実際どうなの?あなたが知らないセルフホワイトニングの裏事情をご覧ください。

3.ホワイトニング歯磨き粉

歯磨き粉

ホワイトニング効果のある歯磨き粉という触れ込みで多くの製品が販売されていますが、実は日本で販売されている歯磨き粉には歯科医院でおこなうホワイトニングのように歯を内部から漂白して白くする効果のある成分は配合できません。

しかし色の濃い食品やタバコのヤニなどでついてしまった表面の着色の除去やホワイトニングの効果を長持ちさせるためのメンテナンスという意味では一定の効果がありますので、ホワイトニング効果のある歯磨き粉の正しい使い方とおすすめ4選を参考にして上手に使ってみて下さい。


4.ホワイトニングテープ、ホワイトニングペンなど

クレスト ホワイトニングテープ

前述した通り、歯を白くする過酸化水素・過酸化尿素は日本では歯科医院でしか扱えないため、国内で市販されている製品ではホワイトニング効果は期待できません。

アメリカをはじめとして、海外ではドラッグストアなどで気軽に過酸化水素配合のホワイトニング製品が売られています。個人輸入することで日本にいても買うことができますが、あくまで自己責任となりますので、細心の注意を払って使用しましょう。

話題のホワイトニングペンって?実際の効果と活用方法大検証!ホワイトニングテープの効果と正しい使い方も参考にしてみて下さい。

5.まとめ

ご説明した通り、日本では本当に歯を白くできるのは歯科医院でのホワイトニングだけですが、歯の表面に着色汚れやタバコのヤニがついているだけならば、ホワイトニングをせずとも歯医者さんのクリーニングだけでもそれなりにキレイになります。

歯の黄ばみの原因やお口の中の状態、ご自身の希望によっても適切なアプローチは変わってきますので、ホワイトニングを考えている方はまず専門医院での相談をしてみてはいかがでしょうか。



sp-cta