先に知っていれば!ホワイトニングで白くならないケースと対処法

悩む日本人女
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

歯を白くしたいと思ってホワイトニングをやってみたけど、値段のわりに思うような白さにならなかった・・・こんな声を良く聞きます。
一口にホワイトニングと言っても色々な種類があります。そして相手は人間の体ですから歯の状態も千差万別で効果も一様ではありません。
従ってそれぞれの方に合ったホワイトニングというものが存在します。
間違った方法ではいくらやってもあなたの歯は満足できる白さになりません。これを読んで一度チェックしてみることをオススメします。



1.白くなるのは理由あり

1-1. 正式なホワイトニングとは過酸化水素を使ったものだけ

米国で開発され世界に広まった歯のホワイトニング技術は厳密に言えば過酸化水素という薬剤を使って歯の着色を分解して歯を白くすることをいいます。

日本ではこのホワイトニングは薬事法上歯科医院でしか施術が出来ません。つまり歯科医院で行うオフィスホワイトニングと、歯科医院で処方されたキットを購入し自宅でおこなうホームホワイトニングだけが漂泊効果を持つホワイトニングということになります。

1-2. ポリリン酸などの薬剤を使ったものは白くならない

エステなど歯科医院以外でおこなういわゆるセルフホワイトニング(歯科医師または歯科衛生士以外が他人の口の中を触るのは違法になるため自分で施術をおこないます)では高濃度の過酸化水素を使用できないため、他の薬剤が使われます。

代表的なのがポリリン酸や重曹です。これらは、歯の表面の着色を除去する作用はありますが、歯そのものを白くする漂泊作用はないため効果は限定的となります。

1-3. ホワイトニング効果を謳う歯磨き粉は白くならない

最近ではホワイトニング歯磨き粉というのが多く販売されています。しかし薬事法上漂泊成分の添加は認められていないため、歯の表面の着色除去を目的としたクリーニング作用しかありません。

各社様々な成分を配合していますが基本的には全て研磨剤です。ものによっては歯の表面のエナメル質や歯茎を傷つける可能性もありますので、使用にあたっては注意が必要です。

過酸化水素配合の歯磨き粉
米国では日本より規制が緩く、ドラッグストアでもホームホワイトニングキットが購入できます。歯磨き粉でも過酸化水素配合のスーパースマイルアクセラ レーターという商品があり、個人輸入に限り日本でも購入して使用することができます。
ただし高濃度の過酸化水素は目に入ると失明の危険性があるなど取扱いに十分な注意が必要ですので、あくまで自己責任での輸入・使用となります。

2.思ったように白くならない歯

過酸化水素を用いたホワイトニングであっても、白くなりやすさには個人差があります。ここでは白くなりにくいパターンをいくつかご紹介しますが、ホワイトニングを繰り返すことでこういったケースでもある程度の白さまで上げることができます。

2-1.着色が強い

着色性の強い食品を継続して摂りつづければ、当然着色は濃くなっていきます。また、加齢とともに黄ばみは自然に強くなっていきます。こういったケースは1回では思ったほど白くならず希望の白さに近づけるまでには相当の回数が必要となります。

2-2.横に縞模様がある

保険差し歯前

歯に白や褐色の横縞模様があると、全体が均一な白さになるまでホワイトニングを繰り返すケースが多いです。また、ホワイトニング後は一時的に縞模様が目立ってしまうため、不満を感じてそこでホワイトニングを中断してしまうパターンがあるようです。

2-3.白い斑点がある

 

歯に一部白濁した点のようなものがあります。ホワイトスポットと呼ばれるものですが、これは、歯のエナメル質の形成不全により起こります。上記の縞模様と同様、ホワイトニングで全体が白くなることで、目立ってしまうことがあります。

2-4.抗生物質によるグレー系の着色(テトラサイクリン歯)

テトラサイクリン前

風邪薬のシロップなどに一般的に使用されていた、テトラサイクリン系の抗生物質を歯の形成期(0~12歳)頃に服用することで、象牙質にグレーがかった着色やバンディングが生じてしまった歯です。

また、エナメル質形成不全によるホワイトスポットの原因ともなります。現在ではテトラサイクリン系の薬剤は使用が控えられていますが、今成人されている方で悩まれている方が多いようです。

3.ホワイトニングの効果が期待できない歯

上記のように、白くなりにくい症例は、根気よくホワイトニングを続けていくことで徐々に白くなっていきますが、ホワイトニングの効果が基本的に出ない歯というのもあります。

3-1.神経がない歯

歯の内部にある神経(歯髄)を虫歯の治療などで除去してしまった、あるいは、何らかの理由で死んでしまった歯は、通常のホワイトニングではほとんど白くなりません。こういった歯を白くしたい場合は、セラミックなどの人工物を被せるか、ウォーキングブリーチという特殊なホワイトニング法があります。詳しくは後述します。

3-2.詰め物や被せ物

ホワイトニングの漂白作用は天然の歯にしか効果がありません。保険診療で使われるレジンと呼ばれるプラスチックの詰め物は着色がしやすいため、ホワイトニングで他の歯が白くなるとその部分だけ目立ってしまうので、注意が必要です。

4.対処法

4-1.事前にクリーニングをする

歯の表面の着色や汚れが付着していると、ホワイトニングの薬剤を十分に浸透せず、効果が出 にくいことがあります。タバコのヤニやコーヒーやワインなどの色の濃い食品の着色が気になる方は、先にクリーニングで歯の表面をキレイにしてからホワイト ニングをするとより効果的です。

4-2.デュアルホワイトニング

2.で説明をした、ホワイトニングで白くなりにくいケースは、基本的には根気よくホワイトニングを継続していけば、徐々に効果が現れてきます。特に、白くなりにくい歯に対しては、じっくりと時間をかけて薬剤を浸透させるのが有効とされているので、ホームホワイトニングを選択される方が多いようです。また、短期間で最大の効果を出す方法として、歯科医院でのオフィスホワイトニングと、自宅でのホームホワイトニングを並行して行うデュアルホワイトニングがおすすめです。

4-3.セラミック治療

白くなりにくいケースの中でも、特に難しい症例の方や、ご紹介したホワイトニングでは効果がない歯を白くしたい場合は、セラミックなどの白い素材による審美治療があります。

よくあるケースとしては、ホワイトニングで天然の歯が白くなったことで、着色した保険の詰め物や銀歯が目立ってしまうので白くしたいというケースです。

ホワイトニングで希望の白さにまでなった後に、それに合わせて詰め直す、被せ直すのが一般的ですが、基本的には、ホワイトニングと同様自由診療になるため、治療費が高額になります。

5.まとめ

ホワイトニングは、治療法としては長い歴史を持ち長年の研究によりそのメカニズムや効果は実証されています。

しかしながら日本で広まり始めたのはごく最近でありホワイトニングに関して十分な知識・経験をもつ専門医もまだまだ少ないのが現状です。

豊富な経験と知識を持って適切な診断・施術をおこなってくれる医院を見つけて後悔しないようにしたいですね。

sp-cta