あなたに合ったホワイトニング用マウスピースを作る2つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホワイトニングには歯科医院で行うオフィスホワイトニングと自宅にて自分で行うホームホワイトニングがあります。ホームホワイトニングは自分の歯に合わせた作製したマウスピースの中に薬剤を入れてホワイトニングを行います。

日本では薬機法の関係でホワイトニングに使用する薬剤は歯科医院でしか扱えないので必然的にマウスピース自体も併せて歯医者さんで作ってもらうのが一般的になっていますが、実は海外で市販されているキットを購入して自分で作ることもできます。

それぞれにメリット・デメリットがありますので具体的な作成方法と併せてご紹介します。ホームホワイトニングを考えている方は是非参考にしてみて下さい。



1.ホワイトニングで使用するマウスピースってどんなもの?

通常よく歯科で用いられるマウスピースは歯ぎしり防止用のマウスピース、あるいは顎関節症の治療のためのマウスピースですが、ホワイトニングで使用するマウスピースは薬剤を歯とマウスピースの間に入れられるような特殊なものです。

自分の歯型にあったマウスピースでないと薬剤が隙間から漏れてしまう可能性があります。過去に作ったことがある、という方も年月により若干歯の形状が変わっていたり、マウスピース自体が劣化している可能性もあるので念のため作製し直した方が良いと思います。

2.マウスピースを作るための2つの方法

マウスピースは歯科医院で作成する、キットを購入して自宅で作るという2つの方法があります。冒頭で説明したように日本ではホームホワイトニング用のマウスピースは歯科医院で作成するのが一般的です。歯科ゼミとしてもそちらをおすすめしますが、ここでは参考までに自宅でも気軽に作る方法も併せてご紹介します。

2-1.歯科医院でマウスピースを作る

〈費用〉

10,000~35,000円程度

〈作成までの一般的な流れ〉

  1. 歯科医院に行き、ホームホワイトニングがしたい旨を告げる。
  2. お口の中全体をチェックしてホワイトニングが出来る状態であるかをみる。
  3. 必要に応じてお口の中のクリーニングをして着色汚れや歯石を取る。(汚れがひどいと十分なホワイトニング効果が得られません)
  4. レントゲンで虫歯がないか確認します。(虫歯があると痛みが出てしまうため)
  5. 歯型を取りマウスピースを作製します。通常は数日で出来上がりますが早い医院だと当日に仕上がりその日からホワイトニングが実施出来ることもあります。
  6. マウスピースが出来た頃に再来院をし、マウスピースを受け取ります。その際に念のためマウスピースをお口の中にあわせて痛い所がないか確認します。
  7. マウスピースとホワイトニングジェルを受け取り準備完了です!

 

〈注意点〉

  • 通常は最低2回の来院が必要になります。また、通常はホワイトニングジェルとのセットになっている医院が多いです。自分で薬剤を準備したい方は予め確認してください。
  • ホワイトニングは自由診療になりますので健康保険適用外です。

 

side_bnr_img

2-2.自宅でマウスピースを作る

〈費用〉

500~2000

〈作成までの流れ〉

出典:http://store.shopping.yahoo.co.jp/tjkc/502.html

  1. まずホワイトニング用マウスピースのキットを購入します。
  2. 80度ぐらいの熱湯を準備し、マウスピースをつけて柔らかくします。5秒ほどで大丈夫です。上下あるので一つずつ行いましょう。
  3. マウスピースの取っ手を持ち、余分な空気や水分が入らないように前から指で押しながら歯にはめてしっかり噛みます。
  4. 固まったら口に入れやすいように、周りをハサミで切ります。
  5. もう一方も同じことを繰り返したら完成、準備完了です!

〈注意点〉

  • ぴったり合わせて作るのは中々難しいです。そのため効果にムラが出る、薬剤がはみ出て歯茎についてしまって痛みが出るといったトラブルの可能性があります。
  • 特に歯並びが悪い方は自分で製作することは非常に難しいです。
  • ホワイトニングジェルが付いているキット、付いていないキットがあります。付いていなければ別途自身で購入する必要があります。

3.使用後のケア・保管方法

ホームホワイトニング

  1. マウスピースを外したら口の中をよくすすぐ。
  2. マウスピースを流水でよく洗って薬剤を落とす。
  3. マウスピースを十分に乾燥させる。
  4. しっかりケースに入れて保管する。

4.ホワイトニング用マウスピースを使う際の注意点

①マウスピースを装着中飲食はできません。

食べ物はもちろんですが、マウスピースからはみ出してしまった薬剤を誤飲してしまう可能性があるので飲み物も避けた方が無難でしょう。

②温度の高いところに保管しない。

熱によりマウスピースが変形してしまうことがあります。暖房機器の前やコンロの近くなどには置かないようにしましょう。

5.まとめ

自宅でいつでも好きなときに手軽にできるのがホームホワイトニングのメリットです。使用するマウスピースまで自分で作成できれば費用も手間も負担が軽くなりますが、難易度も高くデメリットも多いのが実情です。

ホワイトニング前にはお口の中を事前にチェックしてもらうのも大事なことですし、使用する薬剤も取扱いには十分な注意を要する医薬品になりますので、きちんと歯を白くしたいという方は歯科医院を受診されることをおすすめします。


sp-cta