歯のホワイトニングとは?マニアが教える完全ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

芸能人って皆さん歯が白くて笑顔が素敵ですよね。近年では芸能人に限らず歯の白さが印象を決める重要なポイントであることは一般的な認識として広まりつつあります。

最近では、エステでのセルフホワイトニングやホワイトニング効果のある歯磨き粉など手軽にできる方法も出てきていますが、実は厳密に歯のホワイトニングと言えるのは歯医者さんで行うものだけです。

現在の歯の状態や本人の希望によっては、続けていても効果の期待できない方法もあります。ここでは正しいホワイトニングの知識と具体的な治療方法について詳しくご説明します。



1.始めに知っておきたい、ホワイトニングの正しい知識

実は皆さんが考えている「歯を白くすること」と歯科で言う「ホワイトニング」は厳密には違います。一般的に言われている歯を白くする方法には大きく分けて2種類あり、それぞれで必要なアプローチは変わってきます。

着色 種類

1-1.ホワイトニングは歯の内部の着色を漂白するもの

ホワイトニングとは、主に過酸化水素という薬剤の特性を利用して歯の内部の着色物質を除去して漂白をする治療です。回数を重ねるとどんどん白さが上がり、加齢による象牙質の黄ばみも白くしてやがて歯本来の白さを取り戻すことができます。

歯医者のホワイトニングで知っておくべきすべての知識でも解説していますが、日本では薬事法の関係で歯科医院でしか行うことができません。

1-2.歯の表面の汚れを落とすのはクリーニング

一方で、タバコのヤニなど歯の表面についた汚れを落とすのがクリーニングです。歯周病治療からヤニ取りまで!歯のクリーニングの全知識でも解説していますが、表面の汚れが強い方がクリーニングをすると見違えるほどキレイになるのでこれを歯のホワイトニングと勘違いする方がいます。

クリーニングでは回数を重ねても汚れはそれ以上落ちないので白さは上がりません。ただし事前にクリーニングをしておいた方がホワイトニング効果は上がりますし、お口の健康のためにもおすすめです。

歯の表面の汚れだけならご自宅での歯磨きでもある程度落とすことができますので、ホワイトニング効果のある歯磨き粉の正しい使い方とおすすめ4選も参考にして下さい。

2.あなたに合ったホワイトニングを選びましょう

2-1.短期間で確実に白くするオフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

高濃度の過酸化水素を使って歯科医院で短期間で歯を白くします。メーカーごとに様々なシステムがありますが基本の原理は一緒です。

最近では光触媒を薬剤に混ぜてLEDなどの光を当てることで反応を促進するタイプが主流です。

確実に早く歯を白くするオフィスホワイトニングの効果や料金、期間などで詳しく解説しています。

side_bnr_img

2-2.自宅で手軽にじっくりと白くするホームホワイトニング

ホームホワイトニング

歯科医院での問診ののち歯型を取って作成したマウスピースに薬剤を入れて自宅ではめてホワイトニングができます。

薬剤は過酸化尿素を使いますが効果は過酸化水素とほぼ同じです。安全性も考慮してオフィスホワイトニングよりも低濃度の薬剤を使ってじっくりと時間をかけて白くしていきます。

詳しくはホームホワイトニングをするなら知っておきたい効果・費用、必要期間などを参考にして下さい。

また、日本では薬事法の関係上販売されていませんが、アメリカなどの人気のホワイトニングテープは過酸化水素を染み込ませたテープを歯に張り付けて自宅で白くするので、ホワイトニングと同様の効果が得られます。

大検証!ホワイトニングテープの効果と正しい使い方で実際の効果と使い方を説明しています。

2-3.オフィスとホームWで効果を最大限にするデュアルホワイトニング

芸能人並に歯を白くするデュアルホワイトニングのすべてでご紹介しているように、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを並行して行うことで効果を最大限に引き出すことができます。

歯磨きだけで歯を白くしたい方へ
日本の法律では歯科医院でおこなうオフィスホワイトニングに使用する漂白剤(過酸化物)を歯磨き粉へ添加することは禁止されています。
したがって歯磨きだけで本当に歯を白くしたいなら漂白成分を添加した海外の歯磨き粉を購入する必要があります
代表的なものが米国製のスーパースマイルで高額ですが海外で人気No.1のホワイトニング歯磨き粉です。


※漂白成分はアクセラレーターの方に配合されていますので歯磨き粉本体だけでは漂白作用はありませんのでご注意ください。

3.ホワイトニングの注意点

3-1.人によっては痛みが出る

ホワイトニングの施術中またはホワイトニング後に痛みを感じることがあります。知覚過敏に似たような痛みで、基本的には24時間以内に治まりますが、不安な人はホワイトニングの痛み、その原因と3つの対処法も参考にして下さい。

3-2.効果は永続的ではない

ホワイトニングは歯の内部の着色を漂白するものですので、色の濃い食品を食べたりすると自然とまた黄ばんできます。せっかく手に入れた白い歯を色戻りさせない3つの生活習慣を参考にできるだけ白い歯をキープしましょう。

3-3.施術直後は食事制限がある

ホワイトニング後12時間~24時間程度は薬剤の作用の関係で一時的に歯に色がつきやすい状態になります。この間は色の濃い食品の摂取は控えた方が良いでしょう。最近では薬剤の工夫で食事制限のないホワイトニングも出てきています。

詳しくはホワイトニング後の食事に注意!食べていいものダメなものをご覧ください。

4.ホワイトニングで効果が出ない歯を白くする方法

4-1.ウォーキングブリーチ(インターナルブリーチ)

歯の神経を抜いたり死んでしまったりした歯は徐々に内部が黒く変色してきます。

通常のホワイトニングでは中々白くならないため歯の中に直接薬剤を入れるウォーキングブリーチやインターナルブリーチという方法があります。

ただデメリットもあり現在では対応している医院が少ないためセラミックによる審美治療をする方法が主流です。

4-2.セラミック治療

陶器でできた被せものや詰め物に変えることでホワイトニングよりも短い期間で確実に白い歯を手に入れることができます。

しかし多くの場合は歯を削る必要があり場合によっては神経を抜くこともありますので歯の寿命を縮める可能性もあります。

自費治療で高額になる上担当医の技量によって仕上がりにも差が出ますので歯科医院選びが重要になります。

4-3.ラミネートべニア

前歯の審美治療をする場合に薄いセラミックの板を歯に張り付ける方法です。

通常のセラミック治療よりも歯を削る量が少なくて済むというメリットがある反面高い技術が必要で接着や噛み合わせの調整が上手くいかないとすぐに割れたりはがれたりします。

また虫歯になりやすくなるというデメリットもあります。

4-4.ダイレクトボンディング

レジンというプラスチックを歯に直接盛り付ける方法です。

歯をほとんど削ることなく通常1日で治療が終わるというのがメリットですが歯科医師によって仕上がりのクオリティが大きな差がでること、またプラスチックなので経年変色するというデメリットがあります。

レジンは保険で使える材料ではありますがほとんどの歯科医院では自費治療となります。

4-5.歯のマニキュア

白い塗料を直接歯に塗ることで白くします。

ちょっと前は歯科医院でもよくやられていましたが施術が難しく長持ちしないため現在では対応している医院はほとんどありません。

市販されている製品で自分でやることができますが自然な仕上がりにするのは難しい上に食事などですぐにはがれてしまいます。

興味のある方は一瞬で笑顔の印象が変わる!魔法のような歯のマニキュアの使い方で詳しく解説していますので参考にして下さい。

5.これは注意!実はホワイトニング効果のない3つ方法

5-1.セルフホワイトニング

最近では歯科医院ではなくエステサロンでおこなうセルフホワイトニングがあります。重曹やポリリン酸などを使って歯の表面の汚れを落とす効果はある程度期待できます。

ただし内部の着色まで漂白することはできませんので正確にはホワイトニングとはいえません。

興味のある方は「実際どうなの?あなたが知らないセルフホワイトニングの裏事情」もお読みください。

5-2.重曹ホワイトニング

徹底検証!話題になってる重曹ホワイトニングのウソ・ホントで詳しく解説していますが、一般的に言われている重曹で歯が白くなる効果というのは厳密にはクリーニング効果です。重曹はクレンザー代わりに掃除などに使われますがそれと同じ原理です。

つまり歯の表面に着色汚れと結合しているタンパク質を加水分解し、研磨作用によって汚れをこすり落とすのです。実際に重曹は昔から市販の歯磨き粉にも配合されています。

5-3.ホワイトニングペン

ホワイトニング ペン

日本のドラッグストア等で売られているホワイトニングペンは歯の内部を漂白するような本格的なホワイトニング効果はなく歯の表面についている汚れを落とすような効果となります。

海外で販売されている製品の中には過酸化水素や過酸化尿素を配合してホワイトニング効果をもたせたものもあります。詳しくは話題のホワイトニングペンって?実際の効果と活用方法をご覧ください。

6.あなたに合ったホワイトニング歯科医院の選び方

ホワイトニングは日本では比較的最近出てきた分野です。導入している歯医者も多くなってきましたが、まだまだ患者にも認知度が低いのもあり機械や薬剤だけ買ってほとんど使っていないというところも少なくありません。

治療自体はそれほど難しくはないものですが効果の度合いには個人差が多く、人によって適切な治療方法が変わってきますのでどれだけの症例数をこなし ているかがポイントになります。まだ新しい分野ゆえ得意としている歯医者は少ないですが、最近はホワイトニング専門医院も出てきています。料金もピンキリ ですので信頼のできるところを選びましょう。

安いホワイトニングで失敗しない選び方と低価格ランキングホワイトニングのおすすめ専門クリニック4選と口コミまとめで選び方やおすすめについてまとめてありますので参考にして下さい。

まとめ

歯科医院で行うホワイトニングは、治療を目的としないため自由診療となり、少し前までは一般的に高額でしたが、最近ではホワイトニングを専門に行うことで従来よりも利用しやすい価格設定にしているところも増えてきています。

正しい知識をもって自分に合った方法を選びましょう。


sp-cta