話題のホワイトニングペンって?実際の効果と活用方法

ホワイトニング ペン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

歯のホワイトニングが手軽に自宅でできると最近注目を集めているのがホワイトニングペンです。

審美歯科先進国アメリカをはじめとして海外では様々な製品が販売されていますが、日本でもドラッグストアなどで見かけることも増えてきました。

しかし薬事法の関係で海外で販売されている製品と日本で販売されている製品では成分や効能に大きな違いがあります。

ここではホワイトニングペンの種類による違いをご説明した上で実際の効果や正しい使い方をご紹介します。

購入を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。



1.ホワイトニングペンとは

 

ペンタイプで歯にそのまま塗れるのでなんといっても超お手軽です。

購入すれば自宅で簡単にできるのがメリットですが製品によって効果に差があることを知っておいてください。

2.日本で市販されているホワイトニングペンの効果

日本のドラッグストア等で売られているホワイトニングペンは歯の内部を漂白するような本格的なホワイトニング効果はなく歯の表面についている汚れを落とすような効果となります。

代表的な商品の漂白成分は主に「亜塩素酸ナトリウム」が使われていますが亜塩素酸ナトリウムは食品添加物として指定されているものでもあり安全な反面歯への漂白効果は残念ながらほとんどありません。

3.海外で販売されているホワイトニングペンの効果

海外で販売されているホワイトニングペンの中には歯の内部まで漂白する本格的なホワイトニング作用のある製品もあります。

これらには一般的なホームホワイトニングやオフィスホワイトニングで使用されている過酸化尿素または過酸化水素という成分が配合されています。

ただしペンタイプに使われている薬剤は安全のためオフィスホワイトニングや通常のホームホワイトニングの薬剤より濃度が低くなっています。

日本の薬事法では使用も販売も禁止されているためネットなどで個人輸入のみでの購入となります。(日本で輸入販売することは違法ですのでご注意ください。)

 

4.ホワイトニングペンの正しい用途

前に述べたようにホワイトニングペンは簡単に使用できますがそれだけで真っ白な歯を手に入れることは難しいと考えた方が良いと思います。

ではホワイトニングペンはどのような使い方をするのでしょうか。それは他の方法でホワイトニングをした後に白さを維持する(タッチアップ)目的として使用することがベストだと思われます。

タッチアップ専用として通常のホームホワイトニングジェルとセットでホワイトニングペンが付いてくる商品も多いようです。

〈効果的な使用方法の例〉

オフィスホワイトニングで早く歯を白くした後ホワイトニングペンを定期的に使用するときれいな歯の色を持続できます。

5.ホワイトニングペンの形状と使い方

ペン本体に漂白成分が入ったジェルが内蔵してあり、ペン先のはけからジェルが出る仕組みになっています。商品によっては1液2液と二種類の薬剤が内蔵されているものもあります。

使い方は簡単、歯の表面の唾液をティッシュ等で拭き取り乾燥した歯にマニキュアのように塗るだけです。

その後、5~15分ほど置いてブラッシングするだけで終了。そのまま放置でOKなものもあります。

6.ホワイトニングペンの注意点

海外製品も色々と改良されていてホワイトニングペンでも漂泊線分の濃度が比較的高い商品も出てきました。日本でもネットで比較的簡単に購入できるので安全面が心配されます。

このような製品で説明書をよく読まず間違った方法で使用し続けるとトラブルを引き起こす可能性もあります。

初めて使用するときはできるだけ歯科医師の指導のもと購入し使用した方が安心です。

大切な歯ですので手軽さだけで選択しないように十分注意してください。

7.まとめ

海外で販売されているものと日本で買える製品とでは成分・効能に決定的な違いがありますがいずれにせよはっきりと歯を白くしたいと思っている方にとっては効果を実感しにくいと思います。

製品によっては歯科医院などでホワイトニングをした後のメンテナンスには効果的と言えます。

その際には海外製品の中から過酸化水素または過酸化尿素といった漂泊成分が配合されているものを選びましょう。

ただし濃度の高いものは炎症をおこしたりする危険がありますので取り扱いには十分に注意してください。

sp-cta