実際どうなの?あなたが知らないセルフホワイトニングの裏事情

Fotolia_81354006_Subscription_Monthly_M
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最近歯のセルフホワイトニングというジャンルのサロンが増えてきています。

自分の手で歯にホワイトニングの薬剤を付けるお店のことをいいますがなぜそんな手間なことをするのでしょうか?

はたしてどのくらい効果はあるのでしょうか?

気になるセルフホワイトニングの裏側を全部教えます。



1.セルフホワイトニングの3つの特徴

日本の法律では医師・歯科医師あるいは歯科衛生士以外が口の中を触れるのは違法となります。

従って医療機関以外ではお客様の歯に施術することができないためセルフホワイトニングではお客様が自分で施術するシステムとなっているが故にそのような呼び名となっています。

1-1.セルフホワイトニング施術の流れ

  1. スタッフから施術の説明を受けます
  2. 歯を磨きます
  3. 口の開口器を自分で装着します
  4. 鏡を見ながら歯にジェルを塗ります
  5. 自分でライトを当てます
  6. 開口器をはずして口をすすぎます

1-2.セルフホワイトニングの薬剤

歯科医院でおこなういわゆるプロのホワイトニングでは医薬品である高濃度過酸化水素などの漂泊剤を使用しています。

一方、セルフホワイトニングでは医薬品を使用できないためポリリン酸やメタリン酸または重曹など市販されているものを使用しています。

これらは基本的に表面の汚れを取るための洗剤ですのでプロのホワイトニングのような漂泊効果はありません。

 

セルフホワイトニングの効果とは
漂泊効果はありませんが歯の表面の汚れをある程度は落とすことはできるので何となく白くなったと感じることはできるでしょう。

1-3.セルフホワイトニングのライト

セルフホワイトニングにおいてもライトを当てるところが多いようです。

しかしそれは配合している酸化チタンを触媒として過酸化水素の漂泊反応を促進するための手法ですのでポリリン酸やメタリン酸になどにライトを当てても化学的にはほとんど効果はありません。

また万一医療機器としてのライトを使用していたら違法となりますのでご注意ください。

2.セルフホワイトニングのメリット

2-1.料金が安い

セルフホワイトニングでは人件費が殆どかからずまた設備投資が必要ないため、歯科医院のホワイトニングに比べて料金が大幅に安いというのがやはり最大のメリットでしょう。1回5,000円以内が一般的です。

2-2.痛みが少ない

歯科医院のような強力な薬剤を使うとどうしても痛みがでる可能性が高くなります。

その点セルフホワイトニングでは効果は弱い反面、痛みが出にくいというメリットがあります。

2-3.雰囲気が良い

歯科医院の雰囲気は誰もがちょっと苦手なものです。

その点セルフホワイトニングは治療機器もなくエステサロンのような雰囲気で居心地が良い点はメリットでしょう。

3.セルフホワイトニングのデメリット

3-1.ほとんど白くならない

やはり効果が少ないことが最大のデメリットです。

しかし考えてみれば通常のエステティックの効果も医学的に証明されたものでなく、気分的な自己満足の面も大きいので同じように考えれば価値はあるかもしれません。

3-2.面倒くさい

法律上の規制のためとはいえ、せっかくお店まで足を運んだのに自分で施術をしなければならないというのもなんだか理不尽な感じがします。

それだったら同じような薬剤を購入して自宅で自分でやる方が良いと思われる方も多いでしょう。

実際ポリリン酸やメタリン酸の配合された歯磨き粉や重曹はネット等で簡単に購入することができます。

3-3.業者の見極めが必要

歯科医院と違って誰でも少ない資金で気軽に開業できるため流行を追って始めたような事業者が多い感じは否めません。

いずれにしても口の中に何らかの薬剤を入れることになりますのでホームページなどで使用しているものをよく確認してから行くようにしてください。(もし漂白効果のある薬剤を使用していたら違法の疑いもあります。)

また医療機関のような広告規制もないため画像処理したビフォーアフターの写真を使ったり、シェードガイド(歯の色見本)が微妙な点をついて効果を過大に表現したりするものもありますので業者の見極めが大切です。

4.セルフホワイトニング利用の際の注意点

4-1.口をよくすすぐ

ポリリン酸やメタリン酸は食品添加物にも使用されていて少量であれば比較的安全な物質ですが骨形成に悪影響したり腎臓機能低下を誘発するとの報告もあります。

終了後にはよくすすいで口のなかに薬剤が残らないようにしてください。

4-2.勧誘に注意

一般的にエステサロンと同じジャンルのお店ですので中には高額なコース契約を勧めてくるところもあるようですので注意が必要です。

4-3.自己責任という認識を

セルフホワイトニングでは通常施術前に同意書へのサインを求められます。

万一なんらかのトラブルがあっても自分で施術をおこなう以上多くは自己責任であるということですので、その点では普通のエステティックなどよりもさらに注意が必要ともいえます。

5.まとめ

セルフホワイトニングは手軽に美容気分が味わえるという点ではやってみるのも良いかもしれませんが、本当に歯を白くしたいならやはり歯科医院でプロのホワイトニングを受けるべきでしょう。

sp-cta