芸能人並に歯を白くするデュアルホワイトニングのすべて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歯のホワイトニングもかなり一般的になってきましたが何度か歯医者に通ってはみたものの思っていたほど白くならないという方もおられるのではないでしょうか。というのもオフィスホワイトニングはある程度のレベルまでは白くなりますがどうしてもそれだけでは限界があるからです。そこでさらにとことん白くしたいという方におすすめなのがデュアルホワイトニングです。



1.デュアルホワイトニングとは

歯医者で取り扱うホワイトニングには歯科医院内でおこなうオフィスホワイトニングと自宅でおこなうホームホワイトニングの2種類がありその両方を併用しておこなうことをデュアルホワイトニングといいます。

1-1.デュアルホワイトニングの効果

デュアルホワイトニングは究極のホワイトニングといわれているようにオフィスまたはホーム単独では到達できないレベルまで歯を白くすることができます。

VITA1

1-2.デュアルホワイトニングの手順

オフィスホワイトニング
  1. まず歯科医院でオフィスホワイトニングを受けます。
  2. 歯の型をとってもらいマウスピースを作成します。
  3. マウスピースを使って自宅でホームホワイトニングをおこないます。
  4. 上記を2~3回程度繰り返します。

1-3.デュアルホワイトニングの必要期間

歯科医院のシステムによって異なりますが通常オフィス&ホームの1クールは1週間~2週間程度です。通常2クール程度おこないますので2週間~1ヶ月ということになります。

2.デュアルホワイトニングのメリット

2-1.はっきりと白い歯になる

オフィスホワイトニングはある程度の白さに到達すると繰り返しおこなっても効果を感じられなくなる場合があります。それ以上の白さを求める方はホームホワイトニングを併用することによってさらに白くすることが可能です。

2-2.色戻りがしにくい

ホワイトニングをおこなっても月日の経過とともに色戻りすることはどうしても避けられません。しかしホームホワイトニングを併用するデュアルホワイトニングは歯の内部のすみずみまで時間をかけてじっくりと漂泊するため色戻りがしにくい傾向があります。

2-3.歯医者に頻繁に通う必要がない

オフィスホワイトニングは毎回歯医者に通う必要がありますがデュアルホワイトニングの場合は2~3回程度ですみますので医院が遠方の方にはメリットがあります。

3.デュアルホワイトニングのデメリット

3-1.常に飲食物に注意が必要

ホワイトニングをすると歯の表面を覆っている薄い膜が剥がれます。12時間~24時間ほどでこの薄膜は再生しますがその間は歯の表面のエナメル質がむき出しなることで着色しやすい状態になっています。

ホームホワイトニングは続けて毎日おこなう必要がありますのでホワイトニング期間中は常に飲食物に気をつける必要があります。

飲食物の注意点についてはホワイトニング後の食事に注意!食べていいものダメなものをご覧ください。

3-2.費用がかかる

デュアルホワイトニングはオフィスホワイトニングとホームホワイトニング両方の料金がかかるため当然ながら費用も高額になります。費用については4章で詳しく説明します。

3-3.痛みが出ることも多い

オフィスホワイトニングは高濃度の薬剤を使用するためどうしても痛みがでる方がいます。

さらにホームホワイトニングを併用して常に薬剤による刺激を受けるデュアルホワイトニングはどうしても痛みが出やすいのです。

※痛みが出た場合はホワイトニングの痛み、その原因と3つの対処法を参考にしてください。

4.デュアルホワイトニングの費用

4-1.オフィスホワイトニングの費用

ホワイトニングは審美治療のため健康保険が適用されないためそれぞれの医院が独自に料金設定をしています。

よって価格も歯科医院によって幅がありますが1回3万円~5万円程度です。

なお最近ではホワイトニングを専門とする医院などがありかなり安く通える医院も出てきています。

side_bnr_img

4-2.ホームホワイトニングの費用

オフィスホワイトニングより比較的安く抑えられるます。初回のマウスピースの制作と薬剤の料金相場は約2万円~3万円程度です。

4-3.デュアルホワイトニングの料金相場

デュアルホワイトニングはオフィスとホーム両方の金額がかかりますので5万円~8万円程度ということになります。セットで割安な設定をしている歯科医院もありますので探してみてはいかがでしょぅか。

5.それでも満足できない方に

デュアルホワイトニングをしてもまだ満足ができない方や神経がないなどホワイトニング効果が弱い歯の方は以下の選択肢があります。

5-1.付け歯

米国で開発された歯のウイッグのようなもので有名なものでスナップ・オン・スマイルがあります。歯科医院で型をとってもらって自分にフィットするものを制作してもらいます。料金は上下いずれか片方で15万円、両方で30万円前後のようです。

5-2.セラミック治療

歯を削ってセラミックを上から被せる治療法です。歯の色は自由に選べますのでそれこそ究極の白い歯を手にいれることができます。実際非常に多くの芸能人がこの方法を選択しているようです。その他のメリットとして歯並びもある程度整えることができるという点があります。

ただし1本7万円~15万円程度で見える範囲すべての歯(16本~20本)をそろえる必要がありますので車が一台買えるような金額になります。

5-3.ラミネートベニア

セラミック治療の一種でコンタクトレンズのような薄いベニアを歯の表面に装着する審美治療です。表面のみを薄く削るため歯への負担が少なく最近人気が出ていますが1本5万円~7万円とこちらもかなり高額です。

6.まとめ

芸能人のように明らかに白い歯にしたいならデュアルホワイトニングがおすすめです。時間と手間がかかりますがそこそこの費用ではっきりと印象が変わります。

さらにそれ以上を求める方や歯並びまで改善したい方はかなりの出費を覚悟しなければなりませんがセラミック治療をおすすめします。

sp-cta