一瞬で笑顔の印象が変わる!魔法のような歯のマニキュアの使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歯を白くする方法の一つとして歯にマニキュアを塗るという方法があります。

爪のマニキュアと同じように本来自分が持っている色を上から塗料を塗って隠してしまうものなのです。

どんな時に活躍するアイテムなのか、またその効果とはどのようなものかをお教えします。



1.歯のマニキュアとは

1-1. 歯のマニキュアの特徴

歯のマニキュアの最大の特徴はどんな方法より確実に早く白くすることができる点です。

ホワイトニングで白くする場合は理想の白さになるまでに時間がかかったりある程度の予算が必要ですがマニュキュアについては比較的安く手に入りすぐに白くしたりまたすぐに元に戻せたりします。

非常に手軽に歯の色を変えることができるためその点では便利に使えるアイテムといえます。

1-2.歯のマニキュアはどんなシーンで使うべきか

歯のマニキュアはすぐに効果があらわれるため日にちを限定されたイベント等に適しています。

たとえば結婚式など1日だけの効果で良い場合などです。結婚式までに歯自体を白くしていくブライダルホワイトニングと呼ばれるコースも色々な歯科医院やサロンで用意されていますが正直時間もお金もけっこうかかってしまいます。

詳しくは純白ドレスで歯の黄ばみが目立つ?ブライダルホワイトニングのすすめをご覧ください。

もっと気軽に1日だけでも良いから白い歯になりたい!そのような願いを叶えるのが歯のマニュキュアです。

通常のホワイトニングでは白くならない神経のない歯や銀歯も目立たなく白くカバーすることができます。

side_bnr_img

1-3.歯のマニキュアの注意点

名前通り歯のマニキュアは歯自体の色を変えるのではなく自分の歯の上から塗料を塗って表面的に色を変えるものです。

よって塗料の厚みで歯がボッテリと見えたり天然歯特有の透明感がなくなり不自然な白さに仕上がることはある程度あきらめが必要です。

また塗り方によりかなり塗りムラがでるため本番の前に一度塗る練習と耐久性のテストをしましょう。

厚みのためどうしても食事などをすると割れてきて剥がれ落ちたりもします。固いものを食べるときなどは特に注意が必要です。

2.市販で売っている歯のマニキュア

2-1.購入できる場所と価格

大きなドラッグストアの歯磨きコーナーやコスメを扱っているネットで購入できます。

商品により値段は異なりますが2000円前後で手に入れることができます。

口の中に入る可能性があるので成分にこだわって作られている商品を選んだほうが良いでしょう。

2-2.どんな商品を選べばよいか

人気のある商品2点をご紹介します。どちらも成分にこだわっている商品で2000円程度で購入できます。

◎ハニックDCシリーズ

マニュキュアタイプです。この商品は好みの質感や色が選べるとの理由で人気です。

また成分についても歯にとても良いとされるハイドロキシアパタイトと天然ハーブが配合されているので安心です。

【 種類 】
SNOW・・・真っ白で白い歯に(黒ずんだ歯を白くしたい人におすすめ)
PEARL・・・光沢感のある白い歯に(パーティーなどドレスアップ時におすすめ)
LUNA・・・自然の輝きの白い歯に(全体的に黄ばんだ歯の人におすすめ)
AQUA・・・透明感のある白い歯に(もともと歯のきれいな人におすすめ)

◎胡粉美人歯マニキュア

ペンタイプの商品です。重ねて塗ることによって銀歯も隠れてしまうほどの厚く塗ることができます。
成分の中に海のミネラル「胡粉」が入っています。塗りやすい形状なので失敗も少ないのが特徴です。

2-3.塗り方

    1. 歯磨きで表面の汚れを落とします。
    2. 容器をよく振って混ぜる
    3. ティッシュなどで歯の表面についた水分をよくふき取り歯面を乾燥させます。
    4. 塗りやすいようにコットンを両奥の歯でかみ高さを出す。また時間がかかりそうな場合は唾液が出るため、舌の下にもコットンを置いておくと唾液を吸ってくれ苦しくありません。
    5. マニキュアを塗ります。この際にたっぷり液を付けるのではなく、よく液体をきって薄く塗り、希望の白さまで繰り返し重ねていく方が上手くいきます。
    6. 乾かします。すぐに乾きますが何度も重ねた場合は20秒ほど置きましょう。

YouTube動画にて詳しい手順をご紹介します。

3.歯科医院でもマニキュアができる

3-1.市販との効果の違い

代表的なものがホワイトコートといって市販のものより長もちします。

市販のマニキュアはキレイに塗るのにかなりコツが必要なことと短期間で取れてしまいますがデメリットですが歯科医院で行うマニキュアは歯科で使用されている材料を使用しプロが施術するため約1か月~3か月持続すると言われています。

値段は1歯あたり2000円~3000程度が相場ですので前歯だけでもかなりの高額になります。

3-2. 歯科医院で受けるマニキュア「ホワイトコート」の手順

①歯科医院でカウンセリングを行い自分の理想の色を選択する。

②歯の表面を磨いて汚れを落とす。

③最初にベースコートを塗り、続けてホワイトコートを塗ってムラなく仕上げる

④歯に光をあててホワイトコートを固める

⑤最後にトップコートを塗り再び光を当てる。

ここまでの工程で1時間程度で完了します。

3-3.ホワイトコートの注意点

塗って23日は歯の表面に着色汚れが付きやすいため喫煙のほか紅茶やコーヒー、赤ワインといった着色しやすいものを口にすることは避ける必要があります。

仕上がりはジェルネイルのように表面がつるっとしていてマットな白さになります。

経験と技術が必要なため施術者の腕により仕上がりにかなり違いがあるといわれています。


4.まとめ

マニキュアはどんな歯でもすぐに白くする方法としては一番手軽で簡単です。

ただしその分仕上りの面での評判があまりよくないため現実には歯のマニキュアを続けられている方は多くありません。

歯科医院で施術するという選択肢もありますが歯科医院でカウンセリングを受けた際にマニキュアよりも本来の自分の歯をキレイに見せるオフィスホワイトニングに魅力を感じてそちらを選択される方が大多数なのが事実です。

とはいえ遠目から見ればかなりイメージアップすることが可能ですのイベント事などで一度お試してみるのはいいかもしれません。

オフィスホワイトニングに興味がある方は確実に早く歯を白くするオフィスホワイトニングの効果や料金、期間などを参考にどうぞ。



sp-cta