歯を白くするには?ホワイトニングの種類とその特徴

Fotolia_79961650_Subscription_Monthly_M
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

歯を白くするにはいろいろな方法がありその中で最も人気なのがホワイトニングですがそれにもいろいろな種類があります。それぞれの特徴を知って自分に合った方法を見つけてください。

ホワイトニング種類表

1.オフィスホワイトニング

ライト照射

1-1.オフィスホワイトニングとは

歯科医院でおこなうホワイトニングをオフィスホワイトニングと言います。強力な漂白成分の入った薬剤を歯に塗布したのちライトで漂泊反応を促進させる方法が一般的です。

オフィスホワイトニングの長所
短い時間で確実に歯を白くできる点がポイントです。また歯科医師が歯のチェックをした上で施術をおこなうため安全に歯を白くしたい方にはおすすめの方法です。
オフィスホワイトニングの短所
高濃度の薬剤を使用しますので歯や歯茎に一時的に痛みを感じることがあります。また希望の白さのレベルが高い場合は数回歯科医院に通う必要があります。

1-2.オフィスホワイトニングの持続期間

オフィスホワイトニングはすぐに歯が白くなるという即効性はありますが効果が持続しにくいという特徴もあります。

早い人では1ヶ月ぐらいで元の色に戻ることあり一般的には半年程度と言われています。せっかく白くなってもほっておけば必ず色はもとに戻ります。

白さの効果を長く維持したい場合は定期的なメンテナンスが必要です。

1-3.オフィスホワイトニングの価格

オフィスホワイトニングは健康保険が適用されません。よって価格も高く2万円~7万円程度と歯科医院によってかなりバラつきがあります。

ホワイトニングをおこなうなら比較的料金が安い専門医院がおすすめです。ホワイトニング効果を維持するにはメンテナンスが必要ですので定期的に通える価格設定のクリニックにしましょう。

2.ホームホワイトニング

2-1.ホームホワイトニングとは

ホームホワイトニングとは自宅でおこなうホワイトニングです。まず歯科医院で自分の歯に合ったマウスピースを作成してもらいそこに専用の薬剤を注入して一定の時間毎日歯に装着します。

ホームホワイトニングの長所
最初にマウスピースと薬剤を処方してもらえばその後通院の必要がなく自分のペースで歯を白くすることができる点です。またオフィスホワイトニングに比べて痛みのでる可能性が低くなっています。
ホームホワイトニングの短所
一定期間続けないと効果が出ないため時間と手間が必要です。また使用時間など用法を誤ると痛みを感じたり歯がもろくなったりする可能性もありますので十分な注意が必要です。

2-2.ホームホワイトニングの持続期間

オフィスホワイトニングに比べると即効性は低いですがオフィスホワイトニングに後戻りしにくく半年~1年程度維持できると言われています。

2-3.ホームホワイトニングの価格

一般的にオフィスホワイトニングと比べて費用は比較的安くなっています。最初にマウスピースを制作(約1万円~3万円程度)した後は薬剤代(月に数千円~1万円程度)のみでできます。

3.ホワイトニング以外で歯を白くする方法

いわゆる正式なホワイトニングとよばれるものは上記のオフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2種類だけですが歯を白くするという意味でそれ以外にもホワイトニングという言葉が使われているものもありますので以下で紹介します。

3-1.セルフホワイトニング

最近セルフホワイトニングといわれるお店が増えています。自分で薬剤を歯に塗って光を当てるのでオフィスホワイトニングのような本格的な雰囲気を味わえます。

ただし歯科医院とは異なり薬事法上高濃度の漂白剤は使用できないためポリリン酸などの洗剤もしくは研磨剤を使用しているのが一般的です。

それらには市販の歯磨き粉より多少汚れを落とす効果はありますがいわゆる漂泊効果は全くありませんので効果を重視されるならやはりプロの歯科医院でおこなうことをおすすめします。

3-2.ホワイトニング専用歯磨き粉

ホワイトニング専用歯磨き粉という商品が一般的によく知られてると思います。日本では漂白成分の添加が禁止されていますので歯を白くするというよりは着色を付きにくくしたり汚れをしっかり落とすといった効果しかありません。

また研磨剤がたっぷり使われていることが多く歯の汚れをごしごしと削り落とすため長期で使用すると表面に傷がついてしまう可能性がありますので注意が必要です。

3-3.歯のマニキュア

爪と同じように白いマニキュアを歯に塗ります。歯に色を塗るようなものですので希望の白さになりますが近くで見ると不自然な感じに見えます。また通常数日間で自然と取れますので結婚式など日にち限定のイベントに適しています。

3-4.歯の消しゴム

ドラッグストアなどで簡単に手に入り気軽に着色が落とせるアイテムですが歯を白くする商品ではありません。研磨剤が入っているため無理に磨こうとすると歯を傷つける原因になります。

3-5.ラミネートベニア

自分の歯の表面をごく薄く削りその部分に歯の色をしたネイルチップのような薄い歯を貼り付ける治療法です。

色だけではなく多少であれば形も整えることができるため芸能人で真っ白で綺麗な歯並びをされている方はこの治療法をおこなっている方も多くいます。

ただし高額な上に歯を削る必要があるので一般の方にはあまり知られていません。

4.まとめ

歯を白くするにいろいろな種類がありますが正式なホワイトニングとは漂白剤によって着色成分を分解し歯を白くすることをいいます。

ホワイトニングで使用する漂白剤は日本ではオフィスホワイトニングまたはホームホワイトニングにおいてのみ使用が認められているためいずれにしても歯科医院での処方が必要となります。

それ以外の方法はすべて汚れを落とす程度の効果しかありません。はっきりとした結果を出したいならやはり歯科医院で相談することをおすすめします。

sp-cta