歯周病治療からヤニ取りまで!歯のクリーニングの全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歯医者さんで歯のクリーニングを勧められることがよくあります。クリーニングとはどのようなものなのでしょうか。また歯が白くなるように思われがちですがホワイトニングとは異なるのでしょうか。歯のクリーニングにかかる時間、費用、痛みなどひととおり説明した上で自宅でできる簡単なクリーニング方法も紹介します。



1.歯のクリーニングについて知っておくべきこと

1-1.歯のクリニングとは

歯のクリーニングは普段の歯磨きでは取り除くことのできない頑固な歯の付着物を取り除くことができます。

歯のクリーニングは専門用語でPMCT(Professional Mechanical Tooth Cleaning)」と呼ばれその名の通り専門器機を使用した歯のお掃除のことをいい歯科医院でおこないます。

1-2.歯のクリーニングの目的

1-2-1.歯周病の治療および予防

歯周病は歯周病菌が原因の感染症でありその根本的な対策はこの菌を取り除くことです。

しかし歯周病菌は歯石やバイオフィルムという歯ブラシでは落とすことのできないところに生息していますのでPMCTでそれらを除去することが必要となります。

また最近は歯科医療も治療から予防にシフトしてきており定期的なクリーニングが歯の寿命を延ばすために最も効果的と考えられています。

1-2-2.歯の着色除去

PMCTではタバコのヤニや茶渋など自宅の歯磨きではなかなか落とすことができない着色を落とすことができます。

2.歯のクリーニングの2つの手法

2-1.主に歯石除去目的のクリーニング手法

歯について歯石を確認しながらスケーラーを使って落としていきます。また超音波スケーラーという電動器機を使用する歯科医院もあります。

31vVTEjNGUL

どちらも効果は大きな違いはありませんが心臓のペースメーカーを使用している方は超音波スケーラーは使用できませんので注意してください。

2-2.主に着色除去目的のクリーニング手法

ラバーカップやチップなど専用の器具を使って歯の表面を磨いて着色を除去します。

また頑固な着色にはジェットエアで超微粒子の粉末を歯に吹き付けて着色を除去するエアフローという器機を使用する歯科医院もあります。

2-3.着色除去目的のクリーニングとホワイトニングの違い

着色除去目的のクリーニングをすれば歯の表面の汚れが落ちることにより歯が白くなったように見えるのでこれをホワイトニングと勘違いする方がいます。

ホワイトニングとは表面の汚れを落とすのではなく歯の表面及び内部の有機着色物を漂泊して無色化することをいい全く別の手法です。

ホワイトニングについて詳しくは3分でわかる!確実に早く歯を白くするオフィスホワイトニングの効果や料金、期間などをご参照ください。

3.歯のクリーニングの費用

3-1.保険がきく場合ときかない場合がある

健康保険は病気の治療にのみ適用され予防には適用されません。

従って歯周病治療目的のクリーニングには保険が適用されますが歯周病予防または着色除去目的のクリーニングには保険が適用されないことになります。

しかし歯周病については治療と予防の線引きが曖昧なため全て保険適用としている医院も多くあるようです。

3-2.保険治療の場合の料金

初診料、レントゲン撮影料、クリーニング料を含めて1万円前後となり3割負担であれば3,000円程度ということになります。

なぜ初診料や検査料が必要かといえば保険治療の場合は病気であることが前提だからです。

3-3.自由診療の場合の料金

特に検査の必要はありませんのでクリーニング料金のみ全額自己負担で10,000円前後が相場ですが自由診療は歯科医院が独自に料金を設定できるため医院のよって料金にかなりの幅があります。

4.QA

4-1.治療時間はどれくらいかかりますか?

1回につき短いところで30分から長くても1時間以内が普通です。

4-2.どれくらいの間隔でやればいいのでしょうか?

保険適用の場合は1回で全部の歯をクリーニングすることはできませんので短期間の間に最低2回以上おこなう必要があります。

自由診療の場合は1回で全ての歯のクリーニングをすることが可能ですが歯石は除去してもまた反復して付着しますので最低でも半年に1回程度おこなうのが理想です。

4-3.歯のクリーニングは痛いですか?

スケーラーで歯茎の際まで歯石除去をおこなうとどうしても歯茎に触れて痛みを感じることがあります。

また歯石のついている歯茎は弱っているためちょっとした刺激で出血することもよくあります。

いずれにしても一時的なもので通常のクリーニングにおいては大したものではありませんので治療後すぐに治まります。

4-4.自宅でやることはできますか?

残念ながら自宅で歯石を除去するクリーニングはできません。従って歯周病治療が目的の場合は歯科医院でおこなってもらう必要があります。

ただ着色除去目的や歯石をつきにくくするクリーニングはある程度自宅でおこなうことも可能ですので下記にその方法をご紹介します。

5.自宅でできるクリーニング

5-1.クリーニング効果のある歯磨き粉を使う

着色除去には強い研磨作用を持つポリリン酸を多く配合したものが有効といえます。詳しくはホワイトニング効果のある歯磨き粉の正しい使い方とおすすめ4選を参照ください。

5-2.クリーニング効果のある歯ブラシを使う

着色除去を目的とするのであればズバリ電動歯ブラシを使用することをおすすめします。

電動歯ブラシは1分間に数万回という手では到底できない振動をおこなうことによりかなり強力に着色を除去することが可能です。

5-3.歯間ブラシ(デンタルフロス)を使う

歯垢や歯石はどうしても歯ブラシの届かないところに付着していきます。そこで日常的にデンタルフロスで歯の間を磨く習慣を身につけていればかなりの程度それを防ぐことができます。

欧米ではデンタルフロスを使用することが常識となっている国も多くあります。

デンタルフロス

5-4.自宅用クリーニング専門器具を使う

最近では歯科医院で使用するような特殊なラバーキャップやチップでのクリーニング器機で自宅用に販売されているものがあります。例えば「オーラルエステDP・α ホワイトニングケアセット」などです。

x

これらを使えばかなり本格的に着色やプラークを落とすことができます。少々値段は高いですが試してみる価値はあるでしょう

6.まとめ

歯に住みついた細菌を除去するための歯のクリーニングは歯周病の治療や予防に必要不可欠なものです。

また自宅の通常の歯磨きでは取れない頑固な着色を除去するのにも大変有効です。定期的におこなうことにより健康で美しい歯を維持しましょう。

自宅での毎日の歯磨きにちょっとした工夫を加えるのも非常に有効ですので是非すぐにでも実践してみてください。

sp-cta