歯の黄ばみにさようなら!4つの原因と確実にキレイにする方法まとめ

歯 黄ばみ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歯の黄ばみは思っているよりも人の印象に影響を与えるものです。ある調査では歯が黄ばんでいると見た目年齢で5歳も老けて見えるという結果も出ています。

歯が黄ばむ原因にはいくつかあり、それによって黄ばみをキレイにするための適切なアプローチも変わってきます。以下で詳しく説明していきますので参考にしてください。



1.歯の黄ばみ4つの原因

着色 種類

1-1.外部からの着色

食事などで歯の表面に着色汚れがつきます。こういった汚れは歯磨き粉などでもある程度キレイにすることができます。汚れがついているときに研磨作用のある歯磨き粉を使うと一時的に歯が白くなったと感じるのはこのためです。

1-1-1.色の濃い食品の摂取

コーヒーや赤ワインなど色の濃い食品を日常的に摂取しているとその色素が歯の表面に付着します。

1-1-2.タバコのヤニ

タバコをよく吸う人も歯の黄ばみが気になる方は多いと思いますが、これも表面にヤニが付着することによるものです。

これらの外部からの着色は洗浄効果の高い歯磨き粉である程度除去することが可能です。


1-2.内部からの着色

歯の表面のエナメル質ではなく、内部の象牙質が着色したものです。外側から物理的に白くするのは難しく、歯科医院でのホワイトニングが必要になります。

1-2-1.加齢による黄ばみ

歯の内側にある神経は新陳代謝を繰り返すことで、加齢とともに黄ばんできます。更にそれを覆うエナメル質も歯磨きや歯ぎしりなどで次第に薄くなるため見た目にはより黄ばんで見えます。

1-2-2.抗生物質の服用による着色

風邪薬のシロップなどに一般的に使用されていた、テトラサイクリン系の抗生物質を歯の形成期(0~12歳)頃に服用することで、象牙質にグレーがかった着色や縞模様が生じてしまうことがあります。よほど重度でなければ、根気よくホワイトニングを続けることでそれなりに白さを得ることができるようになっていますが、セラミックによる審美治療を選択されるケースもあります。

2.歯の黄ばみを防ぐ方法

2-1.色の濃い食品やタバコを控える

赤ワインや醤油など色の濃い食品は着色の原因になります。また、タバコによるヤニも表面の汚れの原因となります。ホワイトニング後の食事に注意!食べていいものダメなもので詳しく解説していますので参考にしてください。

2-2.ホワイトニング歯磨き粉で磨く

日常的にコーヒーを飲む人やたばこを吸う人はなかなかやめるのは難しいものですが、こういった着色汚れは歯磨きでもある程度落とせます。最近では効率的に汚れを落とすことに特化した歯磨き粉も出てきています。

興味のある方はホワイトニング効果のある歯磨き粉の正しい使い方とおすすめ4選をご覧ください。

2-3.歯の表面を滑らかに保つ

生まれつきや日常の歯磨きなどで歯の表面には細かい傷ができています。歯の表面が滑らかになれば汚れが付きにくくなります。歯のエナメル質と同じ成分であるハイドロキシアパタイトをナノサイズで配合した歯磨き粉でケアすると表面にできたミクロの傷を修復して滑らかにしてくれます。

3.歯の黄ばみをキレイにする方法

3-1.表面の着色汚れを落とす

3-1-1.自分で落とす

歯の表面についた汚れは自分でもある程度キレイにすることができます。研磨作用のある歯磨き粉や歯の消しゴムなど様々な商品が市販されていますが、誤ったやり方だと歯を傷つけてしまうこともあります。

3-1-2.歯科医院でクリーニングをする

表面の汚れを落とすにしても自分では限界があります。歯周病治療からヤニ取りまで!歯のクリーニングの全知識でも説明している通り、虫歯などのチェックも含めてお口の健康のためにも3ケ月に1度はクリーニングを受けることをおすすめします。

3-2.歯科医院でホワイトニングをする

歯の内部の着色までキレイにしたい場合は過酸化水素を用いたホワイトニングをする必要があります。日本では薬事法の関係で歯科医院でしかできません。

3-2-1.オフィスホワイトニング

高濃度の過酸化水素を使って歯科医院で短期間で歯を白くします。メーカーごとに様々なシステムがありますが基本の原理は一緒です。

最近では光触媒を薬剤に混ぜてLEDなどの光を当てることで反応を促進するタイプが主流です。

確実に早く歯を白くするオフィスホワイトニングの効果や料金、期間などで詳しく解説しています。

side_bnr_img

3-2-2.ホームホワイトニング

歯科医院での問診ののち歯型を取って作成したマウスピースに薬剤を入れて自宅ではめてホワイトニングができます。

薬剤は過酸化尿素を使いますが効果は過酸化水素とほぼ同じです。安全性も考慮してオフィスホワイトニングよりも低濃度の薬剤を使ってじっくりと時間をかけて白くしていきます。

詳しくはホームホワイトニングをするなら知っておきたい効果・費用、必要期間などを参考にして下さい。

また、日本では薬事法の関係上販売されていませんが、アメリカなどの人気のホワイトニングテープは過酸化水素を染み込ませたテープを歯に張り付けて自宅で白くするので、ホワイトニングと同様の効果が得られます。

大検証!ホワイトニングテープの効果と正しい使い方で実際の効果と使い方を説明しています。

4.まとめ

いかがでしたか?歯の黄ばみが気になっている方が歯医者さんでホワイトニングを希望されることもよくありますが、しばらく歯科医院に通ってない方だとクリーニングで歯の表面の汚れを落とすだけでかなり白くなったと実感することも多いです。

それでも黄ばみが気になる場合はホワイトニングということになりますが、自分がどういう状態かよくわからない方はまずはクリーニングも対応しているホワイトニング専門医院で相談することをおすすめします。

sp-cta